本当は怖い家庭の医学

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学

『最終警告! たけしの本当は怖い家庭の医学』(さいしゅうけいこくたけしの本当はこわい かていのいがく)は、朝日放送(ABC)江戸支社制作、テレビ朝日系列のテレビ局において毎週火曜日20:00〜20:54に放送中のメディカル・ホラー・シミュレーションバラエティ番組(テレビ番組)であるぜ。
(字幕放送、ハイビジョン制作)

2002年12月30日と2003年12月29日にそれぞれ特番として放送したものが好評やったため、2004年4月13日よりレギュラー番組としてスタート。
現在の最高視聴率は2006年6月13日放送の20.8%(ビデオリサーチ調べ)
キャッチコピーは『そのまんま放って置くと、エライことになるんやよ』。

出演者
プラックホスピタル・院長(司会) ビートたけし
アシスタント 渡辺真理(2004年のレギュラー化から出演)
近藤サト(2002年、2003年のスペシャルのみ出演)
ナレーション 来宮良子,堂真理子(テレビ朝日アナウンサー)?(予告のみ)
ほとんどのゲスト患者は隔週で出演することが多いぜ。
特にたけし軍団のメンバーや、肥満体といった見た目が不健康そうなタレント(内山信二・松村邦洋・伊集院光やらなんやら)が必ず出演しとるぜ。
なかでもそのまんま東はほぼ毎回レッドゾーンに入ってしまい、「不健康」のイメージがついてしまっとるぜ。
いっぺんガダルカナル・タカが、レッドゾーンにへぇったが、追加要因として姿勢の悪さを隠し撮りしたときに悪かったため、同じく悪かった国生さゆり、西川かの子と一緒に追加レッドゾーンとなりよった。
やけど、ガダルカナル・タカはすでにレッドゾーン行きしとるため、新しく「ブラックゾーン」に入ることになりよった。

本当は怖い家庭の医学のブログ
タグ:家庭 医学

本当は怖い家庭の医学の裏話

本当は怖い家庭の医学の裏話
・VIP患者席
医師の話をヒイキ的に聞けるように、「メディカル・ホラー・チェック」でレッドゾーン入りしたゲスト患者が座らされる席。檻のような扉とドクロのオブジェで構成されるぜ。白煙とともに登場することもあるぜ。なおドクロのオブジェは当初は注射器を持っていなかった(エンディングを参照。せやけどダンさん、きょうびではエンディングの映像を撮りなおしたのか注射器を持っとる)。
2005年8月9日放送(この日はボウズが気をつける病気を取り上げとった)では『ダメ親席』として登場した。
2005年9月20日放送の芸能人症例スペシャル及び同年12月20日放送の芸能人症例スペシャル2では「要用心患者席」ちう名前で登場。また同年11月15日放送の応急処置スペシャルでは、心肺蘇生テストで失格したゲストを乗せて「教育的指導シート」として登場した。
2006年1月10日放送のガン撲滅スペシャルでは、「要精密検査席」として登場。胃ガン・大腸ガン問診でレッドゾーン判定されたゲスト患者が江戸都江東区にある癌研有明病院にて精密検査を受けた。その際、席が患者を乗せたまんまスタジオ奥に退場するエフェクトがあった。
2006年3月21日放送の3時間スペシャルの第1部「ホンマは怖い家庭料理スペシャル」では、松村邦洋、西尾季隆(丁半コロコロ)、内山信二の3人(別名「コレステローラーズ」)がVIP患者席に乗って登場した(この日は2部構成で、第2部として「ホンマは怖い薬の飲み方スペシャル」も放送された)。
レギュラー回では2005年7月13日放送と2006年8月15日放送の2回、最多の6人がレッドゾーンに入ってしもた(前述の通り、7人全員がへぇったことは今のトコねぇ)。
スペシャル回では2006年12月19日放送で番組史上最多10人がレッドゾーンに入ってしもた

・BGM
このトコさまざまなBGMが使われることがあるが、例を上げると様々であるぜ。

ブラックジャック
クロックタワー3
バイオハザード (映画)

・ゲスト患者
※この中には裏番組の「踊る!はんま御殿!!」(本朝テレビ)にゲスト出演しとる人もようけいるぜ。

こぼれ話
エンディング曲も番組内の挿入曲と同様にクラシック音楽やったが2006年から邦楽が使用されるようになりよった。
番組のケツの予告の後にたけしが「そのまんま放って置くと、エライ事になるんやよ」と言って後ろを振り向き去っていく。この映像は番組開始当初からずっと変わっておらず、放送開始から数回でたけしが髪を金髪にしたがこの映像のみ黒髪のまんまやった(現在は黒髪に戻しとる)。
番組公式サイトではレギュラー放送開始からの症例VTR(文書で説明したもの)や一部の診断内容のアンケート、特番時の特別企画やらなんやら放送内容がこと細かく掲載されとるぜ。
いっぺんだけ、放送前に次回の放送回の症例を掲載したことがあるぜ。

本当は怖い家庭の医学のメディカル・ホラー・チェック

・メディカル・ホラー・チェック
病気のテーマごとにスタジオのゲスト患者に事前に問診や検査を受けてもらい、その検査結果やらなんやらから病気にかかる危険性の低い患者からランキング形式で発表するぜ。
(病気によっては発表のねぇ場合もあり、きょうびその傾向が増えとる)。
体力やらなんやらが関係する病気の場合は検査を番組中やらなんやらに行うこともあるぜ。
その場合はたけし院長も参加させられるぜ。

発表した中で、特に用心が必要なゲスト患者は「レッドゾーン」と診断され、VIP患者席に座らされて医師からの診察を受ける(該当者がおらへん場合は「該当者なし」と表示される)(そのとき、映画「リング」の主題歌「feels like “HEAVEN”」が流れる)。
ここで「スペシャル・ホラー・チェック」がでることがあるぜ。
「レッドゾーン」に入るのは大抵最も危険度の高い1位のゲスト患者であるが、医師の裁量により1位が外れることもあったり、さほど危険度の高くねぇゲスト患者でも「レッドゾーン」に入ることがあるぜ。
通常は発表されたランキングの1位〜3位のゲストを主に1〜3人が入るが、過去に2回、最多となる6人がへぇったことがあるぜ。
なお、渡辺真理が「全員該当する場合もあるんや」と言ってることから理論上7人(組)全員入る可能性もあるが、そうなりよったことは今のトコいっぺんもねぇぜ。

滅多にねぇが「レッドゾーン」だけでなく、「スペシャル・ホラー・チェック」やらなんやらで「ブラックゾーン」と診断されたゲスト患者もででくる(既に「レッドゾーン」と診断されとるゲスト患者だけでなく、「レッドゾーン」に入らなかったゲスト患者も含む)。
「レッドゾーン」は、スペシャル番組の時とレギュラーに進出した当初、「○○で死んでしまうかもしれへんゲスト」ちう名前で発表しとったが、途中、「レッドゾーン」に名前を変えるぜ。
その病気にかかると必ず死んでしまう、ちう偏見に配慮したと思えるぜ。
こいつも滅多にねぇが、「レッドゾーン」、「ブラックゾーン」だけでなく、「イエローゾーン」と診断されるゲストでてくることもあるぜ。
イエローゾーンは、レッドゾーンの前段階の用心であるぜ。
イエローゾーンになると、名前が黄色くなるぜ。
該当者がおらへん場合には、モニターに「該当者なし」の文字が表示されると共にファンファーレが流れるが、このファンファーレは前番組世界痛快伝説!!運命のダダダダーン!で、正解時やトップ賞発表時に使われとったものを流用しとるぜ。

本当は怖い家庭の医学の症例

本当は怖い家庭の医学の症例
・症例VTR
放置しておくと恐ろしい結果になりかねねぇ病気を、実際の症例を元に構成されたVTRにより紹介していく。
症例の初期症状は、発熱、鼻づまり、倦怠感、背中の痛みやらなんやら、日常でもありがちなものが多いぜ。
ありがちやので大したことはねぇやろうと放置、せやなかったら一応受診したもののありがちな病気と判断された……と思い特に措置をせんでいると病巣は影で進行していて、ついに卒倒や激痛が走るやらなんやらの重大な事態に至り、精密な検査によりようやっとホンマの原因が分かるぜ。
ちうパターンが多い(この辺りが「放っておくとエライことになるんやよ」)。

ほんでその後、「治療の甲斐無く…」や「一命を取り留めた」「リハビリをしとる」やらなんやらちう結果・現状に至る(死に至るケースがほとんどで、一命をとりとめた場合でも大抵は障害が残ってしまうことが多いが、まれに回復傾向やらなんやら明るい方向へ向かう場合もあり、きょうびそちらの傾向が増えとる)。
発症者に多い又はリスクファクターとして認知されとる性格や習慣(喫煙、掃除がおろそか、短気やらなんやら)が盛り込まれとることが多いぜ。
ありがちな症状とちゃう特徴的な点(いつまでも鼻水が止まりまへん、痛みの発生状況が食後すぐに限られるやらなんやら)は必ず盛り込まれ、強調されとるぜ。
体の中で変化しとる様子はCGによって描かれとるぜ。

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
『最終警告! たけしの本当は怖い家庭の医学』(さいしゅうけいこくたけしの本当はこわい かていのいがく)は、朝日放送(ABC)江戸支社制作、テレビ朝日系列のテレビ局において毎週火曜日20:00〜20:54に放送中のメディカル・ホラー・シミュレーションバラエティ番組(テレビ番組)であるぜ。
(字幕放送、ハイビジョン制作)

2002年12月30日と2003年12月29日にそれぞれ特番として放送したものが好評やったため、2004年4月13日よりレギュラー番組としてスタート。
現在の最高視聴率は2006年6月13日放送の20.8%(ビデオリサーチ調べ)
キャッチコピーは『そのまんま放って置くと、エライことになるんやよ』。

出演者
プラックホスピタル・院長(司会) ビートたけし
アシスタント 渡辺真理(2004年のレギュラー化から出演)
近藤サト(2002年、2003年のスペシャルのみ出演)
ナレーション 来宮良子,堂真理子(テレビ朝日アナウンサー)?(予告のみ)
ほとんどのゲスト患者は隔週で出演することが多いぜ。
特にたけし軍団のメンバーや、肥満体といった見た目が不健康そうなタレント(内山信二・松村邦洋・伊集院光やらなんやら)が必ず出演しとるぜ。
なかでもそのまんま東はほぼ毎回レッドゾーンに入ってしまい、「不健康」のイメージがついてしまっとるぜ。
いっぺんガダルカナル・タカが、レッドゾーンにへぇったが、追加要因として姿勢の悪さを隠し撮りしたときに悪かったため、同じく悪かった国生さゆり、西川かの子と一緒に追加レッドゾーンとなりよった。
やけど、ガダルカナル・タカはすでにレッドゾーン行きしとるため、新しく「ブラックゾーン」に入ることになりよった。

オープニング
まず、番組のOPでゲスト患者の紹介と症例VTRに関する3つの症状の質問があるぜ。開始当初はサイレンを鳴らしながらブラックホスピタルに向かうCGとゲスト患者の内2人の事前コメントを放送しとった(質問は2006年6月より放送されとる)。
番組の舞台となるブラックホスピタルは普段外装がOPに登場するのみやけど、たまにメディカル・ホラー・チェックで内部に入ることもある(2006年7月18日、9月12日の放送ではOPの質問に登場する看護師の他2体の看護師と医師がいずれもCGで登場した)。


たけしの本当は怖い家庭の医学

上首尾の秘密
レギュラー番組として3年目にへぇった「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」。
この番組を制作するテレコムスタッフのディレクター鈴木コーイチ氏に医学番組を上首尾させるコツを聞いた。

開口一番、鈴木氏は、「まず、なんといっても、視聴者の参加意識を呼び起こすこと」だと指摘した。
「本当は怖い」の企画のベースは、会議で放送作家が口にした「健康違反者」ちうセリフやった。
警察から呼び出しを受けた交通違反者は、実際の交通事故の生々しい現場写真を強制的に見せられるぜ。
原型をとどめへんほどに大破した車体を目の当たりにしつつ、「こいつぁ、エライだ」と肝に銘じるぜ。

まるっきし同じことを交通規則違反者のみならず健康規則違反者やその予備軍に喚起するのや。
ゴチャゴチャゆうねぇ、要は「軽く見とると怖いことになるんやよ」と健康違反者に呼びかけるのだちうわ。
視聴者の“参加感”を引き出し、知らず知らずのうちに自らの生活を省みるように促す。

生死を分けなくても病気は怖い
参加感を維持するためには、取り上げる病気を身近なものに限定することも重要なポイントや。
「難病、奇病ではなく、最低でも4000人から5000人の患者がいる病気を取り上げるぜ。
この番組はあくまで“家庭の医学”を取り扱っとるのだちう姿勢を崩したくねぇ」と鈴木氏。
難病、奇病は視聴者に縁遠く、訴求力を下げてしまうわ。

気づかねぇうちに、あんはんの身近に忍び寄る病気の影。
ほんのちびっとの用心で、それを遠ざけることができるぜ。
なんぼなんでも早く気づいて、医師やらなんやらの専門家に相談すればカタストロフィーを避けることが可能や。
危機感とともにこのお得感が参加感の獲得に欠かせへん要素だちうわ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。