本当は怖い家庭の医学の裏話

本当は怖い家庭の医学の裏話
・VIP患者席
医師の話をヒイキ的に聞けるように、「メディカル・ホラー・チェック」でレッドゾーン入りしたゲスト患者が座らされる席。檻のような扉とドクロのオブジェで構成されるぜ。白煙とともに登場することもあるぜ。なおドクロのオブジェは当初は注射器を持っていなかった(エンディングを参照。せやけどダンさん、きょうびではエンディングの映像を撮りなおしたのか注射器を持っとる)。
2005年8月9日放送(この日はボウズが気をつける病気を取り上げとった)では『ダメ親席』として登場した。
2005年9月20日放送の芸能人症例スペシャル及び同年12月20日放送の芸能人症例スペシャル2では「要用心患者席」ちう名前で登場。また同年11月15日放送の応急処置スペシャルでは、心肺蘇生テストで失格したゲストを乗せて「教育的指導シート」として登場した。
2006年1月10日放送のガン撲滅スペシャルでは、「要精密検査席」として登場。胃ガン・大腸ガン問診でレッドゾーン判定されたゲスト患者が江戸都江東区にある癌研有明病院にて精密検査を受けた。その際、席が患者を乗せたまんまスタジオ奥に退場するエフェクトがあった。
2006年3月21日放送の3時間スペシャルの第1部「ホンマは怖い家庭料理スペシャル」では、松村邦洋、西尾季隆(丁半コロコロ)、内山信二の3人(別名「コレステローラーズ」)がVIP患者席に乗って登場した(この日は2部構成で、第2部として「ホンマは怖い薬の飲み方スペシャル」も放送された)。
レギュラー回では2005年7月13日放送と2006年8月15日放送の2回、最多の6人がレッドゾーンに入ってしもた(前述の通り、7人全員がへぇったことは今のトコねぇ)。
スペシャル回では2006年12月19日放送で番組史上最多10人がレッドゾーンに入ってしもた

・BGM
このトコさまざまなBGMが使われることがあるが、例を上げると様々であるぜ。

ブラックジャック
クロックタワー3
バイオハザード (映画)

・ゲスト患者
※この中には裏番組の「踊る!はんま御殿!!」(本朝テレビ)にゲスト出演しとる人もようけいるぜ。

こぼれ話
エンディング曲も番組内の挿入曲と同様にクラシック音楽やったが2006年から邦楽が使用されるようになりよった。
番組のケツの予告の後にたけしが「そのまんま放って置くと、エライ事になるんやよ」と言って後ろを振り向き去っていく。この映像は番組開始当初からずっと変わっておらず、放送開始から数回でたけしが髪を金髪にしたがこの映像のみ黒髪のまんまやった(現在は黒髪に戻しとる)。
番組公式サイトではレギュラー放送開始からの症例VTR(文書で説明したもの)や一部の診断内容のアンケート、特番時の特別企画やらなんやら放送内容がこと細かく掲載されとるぜ。
いっぺんだけ、放送前に次回の放送回の症例を掲載したことがあるぜ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。