本当は怖い家庭の医学の症例

本当は怖い家庭の医学の症例
・症例VTR
放置しておくと恐ろしい結果になりかねねぇ病気を、実際の症例を元に構成されたVTRにより紹介していく。
症例の初期症状は、発熱、鼻づまり、倦怠感、背中の痛みやらなんやら、日常でもありがちなものが多いぜ。
ありがちやので大したことはねぇやろうと放置、せやなかったら一応受診したもののありがちな病気と判断された……と思い特に措置をせんでいると病巣は影で進行していて、ついに卒倒や激痛が走るやらなんやらの重大な事態に至り、精密な検査によりようやっとホンマの原因が分かるぜ。
ちうパターンが多い(この辺りが「放っておくとエライことになるんやよ」)。

ほんでその後、「治療の甲斐無く…」や「一命を取り留めた」「リハビリをしとる」やらなんやらちう結果・現状に至る(死に至るケースがほとんどで、一命をとりとめた場合でも大抵は障害が残ってしまうことが多いが、まれに回復傾向やらなんやら明るい方向へ向かう場合もあり、きょうびそちらの傾向が増えとる)。
発症者に多い又はリスクファクターとして認知されとる性格や習慣(喫煙、掃除がおろそか、短気やらなんやら)が盛り込まれとることが多いぜ。
ありがちな症状とちゃう特徴的な点(いつまでも鼻水が止まりまへん、痛みの発生状況が食後すぐに限られるやらなんやら)は必ず盛り込まれ、強調されとるぜ。
体の中で変化しとる様子はCGによって描かれとるぜ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。