たけしの本当は怖い家庭の医学

たけしの 本当は怖い家庭の医学
大なり小なりかかる病気は普段の生活の中から派生することが多いよう
脂肪・糖分・塩分の取りすぎ・・・タバコ・お酒の量が多い・・・野菜&繊維質の摂取量が少ねぇやらなんやら
普段聞く健康に関する警告はさまざまあるんや
明日の健康を手に入れましょ!!!

たけしの本当は怖い家庭の医学

放送、観はりたんやぁ
1個目のお題 
「ホンマは怖い冷え性」  全身性エリテマトーデス
これがワタクシの病気や。
この番組で取上げられるのは2回目や。 

たけしの本当は怖い家庭の医学で紹介されたレイノー現象。
ワタクシも ささくれなんぞなりよった日にゃ〜 直ぐ膿まんねん。とにかく傷は治りにくいぜ。
こねぇだも人差し指の第一関節にビビ切れ、ホンマにちびっと切れたのから始まり
人差し指が腐ったかと思うくれぇ ずるずるになって 何週間も痛くてエライやった。

ピーリングやで、ピーリング
皮が剥がれて下から新しい皮膚が誕生して生まれ変わってんで 凄いわっ
“本当の病の正体を知ることが出来やがった彼女は現在、順調に治療を続けていまんねんわ”
って たけしの本当は怖い家庭の医学ではめでたし、めでたし。みてぇになってたけど
この病気は発見できてからがエライやねん。治る病気ではおまへんので一生の付き合いやし

ワタクシの様に 両足の股関節が壊死すれば 手術や人工骨頭に入れ替えせんとあかんし
症状は人によって色々なのやけどアンタ・・・
ま、どねぇな難病にも共通して言えることやけどアンタ 
まわりに居るヤツラの理解と協力無しでは暮らせまへん。

ワタクシの場合、
もっとももっと 旦那に感謝せんといけませぬぅぅ
たけしの本当は怖い家庭の医学やった。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。